スポンサードリンク

お悔やみの手紙で守らなければいけないポイント

友人や知人から訃報を受けたが、やむを得ない事情で弔問できない、そんな時に送るお悔やみの手紙。しかし、大切な人を失くされた人に対してどのような言葉を伝え、また、どのように手紙を送ればいいかというのは難しいですよね。そこでお悔やみの手紙を書くとき、送るときに気をつけたいポイントをまとめてみました。

手紙をだす時期は?

お悔やみの手紙は訃報を受けたらすぐに送りましょう

お悔やみの手紙は訃報を受けたらすぐに出しましょう。一般的には初七日までに出すべきといわれています。ただ、喪中はがきで訃報を知った場合など、初七日を過ぎてから亡くなったことを知る場合もありますよね。その場合にはできるかぎり早く手紙を出すようにします。

葬儀後に訃報連絡を受けた場合や、喪中はがきで訃報を知った場合など、 初七日を過ぎて知らせを受けた場合は、出来る限り早く手紙を出すようにしましょう。

引用:小さなお葬式

封筒と便箋、切手の選び方

お悔やみの手紙は、やむをえず弔問できない時に弔問の代わりとして送るものです。そのため、略式の手紙とされている葉書で出してはいけません。便箋に手書きで書き、封筒に入れて送ります。ただし、喪中はがきで亡くなったことを知った場合、葉書で手紙を書く場合もあります。

お悔やみ状を送るときは、お香典は添えない場合であっても 正式な趣を伝えるために 葉書ではなく封書で送ります。

引用:マナーの虎☆

手紙を書くときは黒インクの万年筆かボールペンを使います。

本来は巻紙に毛筆で薄墨を使って書くのが正式なのだそうですが、現在では便箋が使われることが多いため、黒インクの万年筆かボールペンで大丈夫なようです。ただ、地方によってしきたりが異なることもありますし、インターネットのサイトによっては薄墨で書くべきとしているところもあるので、心配な場合はご両親や周りの年長者の方に聞いてみた方が良いでしょう。

カラーペンは好ましくありません。地方によってはお悔やみの手紙も薄墨で書く地域もあります。

引用:Super 書き方・文例集

封筒は一重のもの、便箋は白い縦書きのものを用いる

封筒を選ぶ時に注意したいのは一重のものを選ぶということ。二重になっている便箋を使うのは、「不幸が重なる」という意味を連想させるので絶対にやめましょう。また、洋封筒を縦書きで使う場合には封じ目が普段と逆になるように宛名や裏書を書くようにしましょう。下の図のような向きで書きます。

10
引用:ZEBRA株式会社

普段と使う向きが逆になるので、郵便番号の枠が印刷されていない封筒を選ぶのもポイントです。

便箋は基本的に白い縦書きのものを使います。ただし、親しい間柄の人に送る場合には、季節の花が添えられている便箋を使うこともできます。下の引用にあるように控えめで清楚な柄のものを選ぶようにしましょう。

親しい間柄の場合には、ごく控えめで清楚なものであれば季節の花が添えられた便箋もOK。

引用:Super 書き方・文例集

また、お悔やみの手紙の場合、便箋の枚数は1枚におさめます。これは二重の封筒を使ってはいけないのと同じ理由。便箋が重なることで、「不幸が重なる」という意味を連想させるからです。

重なるイメージがタブーとされる弔事の手紙に使用する便箋は、必ず一枚におさめます。

引用:手紙の書き方大事典

派手なデザインの切手は避け、できるだけ地味なものを

お悔やみの手紙を送る封筒に貼る切手はどのようなものが良いのでしょうか。
かつては80円の弔事用切手(当時は定形郵便物に該当する封筒は80円で送れました。ちなみに現在は82円。)があったそうです。ですが、現在では作られていません。52円の弔事用切手は現在も売られていますが、これを貼る必要まではないようです。できるだけ派手なデザインの切手は避け、地味なものを貼るようにすれば大丈夫です。

手紙の書式

頭語や時候の挨拶は書かずお悔やみの言葉から始める

お悔やみの手紙を書く場合には、頭語や時候の挨拶は書きません。正式な手紙なのになぜ?と思う人もいるかもしれません。でも、お悔やみの手紙は、お悔やみの言葉、弔問に行けないことへのお詫び、そして相手を慰める言葉を伝えることが目的の手紙です。そういう大切なことを、一刻も早く、しかも1枚の便箋の中で伝えなければなりません。そのため、頭語や時候の挨拶など書いている場合ではない、というのが理由のひとつではないでしょうか。また、相手の悲しみを思うと、特に時候の挨拶は書きにくいものですよね。

下の文例を見てください。

11
引用:お悔やみ状:お悔やみの手紙の書き方と例文・文例

お悔やみの手紙には、上で説明したとおり、頭語や時候の挨拶は書きません。①お悔やみの言葉からはじめて、②弔問に行けないお詫び、③励ましや気遣いの言葉、④香典を同封する場合にはその旨、⑤結びの言葉を書いていきます。⑥頭語は書きませんが、「合掌」という結語を使うことはできます。ただし必ず必要というわけではなく、また、相手の宗教が仏教以外である場合には使用できませんので、気をつけてください。
それ以外にも、友達を亡くした場合など故人の家族に手紙を送る場合には、故人と自分との関係を述べる文章を入れる必要があります。例えば「高校の時○○さんと同じ部活でお世話になった者です。」のように書くと良いでしょう。また、喪中葉書など後になって亡くなったことを知った場合には、故人との思い出や故人のエピソードなども入れると良いでしょう。

お悔やみの手紙を書く際に注意すべきこと

丁寧な言葉を使い、亡くなった人の事にふれる場合には敬称をつける

どんなに親しい人に出す場合でも、お悔やみの手紙には丁寧な言葉を使い、亡くなった人について手紙に書く場合には敬称をつけるようにしましょう。

手紙の文中で、亡くなった方についてふれる場合には、敬称を使い、敬語を用いるのが礼儀です。例えば親しい友人の父親、母親に対し、ふだん「おじさん」「おばさん」と呼んでいた場合であっても「お父様」「お母様」などとします。

引用:超便利!冠婚葬祭マナー

たとえば上の引用にもあるとおり、相手の父親、母親に対する言葉としては「お父様」や「お母様」が挙げられます。もう少し堅い言葉を使うべき相手の時には、「ご尊父様」や「ご母堂様」を使います。また、相手の妻に対する言葉としては、「奥様」や「ご令室様」、相手の夫に対する言葉としては「ご主人様」が挙げられますね。さらに、相手の子供に対しては、男の子なら「ご子息様」や「ご令息様」、女の子なら「ご息女様」や「ご令嬢様」、「お嬢様」を使います。

ただ、堅すぎる文章の手紙を受け取ることで寂しい気持ちになる人もいるようです。

本人が考えたと思われる血の通った言葉がまったくないのです。お悔やみ状を送ってくれた事自体を感謝しなければならないとは思うのですが、マニュアル通りの手紙に、なんだか冷めた気持ちになってしまいました。

引用:YOMIURI ONLINE

とても難しいことですが、やはり親しい間柄の人には丁寧な文章を心がけつつ、なるべく自分の言葉で気持ちを伝えるようにすることが大切なのかもしれません。

死や不幸が続くことを連想させるような言葉や重ね言葉は避けましょう。また、喜ぶ、楽しい、嬉しいなど、悲しみのシーンに不適切な言葉も避けましょう。
【死、死亡、四(=死)、九(=苦)、度々、ますます、重ねがさね、返す返す、次々、続いて、引き続き、近々、繰り返す、再び、追って、くれぐれも、まだまだ、いよいよ、ときどき、しばしば、さらに、生きる、生存 】

引用:手紙の書き方

相手を思いやる気持ちから生まれた配慮なのでしょうが、知らないとうっかり使ってしまいそうな言葉も多いですね。「くれぐれも」や「ときどき」などを忌み言葉とするのはさすがにこじつけでは?という感じもします。

ただ、自分の気持ちを伝えることが大事とはいえど、相手に誤解を与えないために知識としては知っておいたほうがよさそうです。

訃報を後になって受けた時には亡くなった人との思い出を手紙に綴る

訃報を後になって受けた時には亡くなった人との思い出やエピソードを入れると良いでしょう。亡くなってすぐに訃報を受けてお悔やみの手紙を送る場合には、思い出やエピソードは必要ありません。入れるとしても短い文章にまとめるようにします。

心をこめて丁寧に、しかし多くを書きすぎないよう注意する

お悔やみの手紙は心を込めて丁寧に書くことが大切です。しかし、多くを書きすぎないように注意します。例えば弔問できないことへのお詫びの文章。具体的に行けない理由を書く必要はありません。

出産や結婚式などの慶事と重なった場合は「やむを得ない事情で」とします。
遠隔地の場合は「遠路につき」「遠路ままならず」などとします。
体調不良の場合は「療養中で」などとします。

引用:生活の知恵があつまる情報サイトnanapi

お香典と一緒に手紙を送るときには

お香典と手紙は現金書留の封筒に入れて自宅宛てに送りましょう

お香典をお悔やみの手紙と一緒に送る場合には、手紙に、「ほんの心ばかりのものですが、お花でもお供えくださいますようお送りいたします。」といった言葉を書きます。

お香典とお悔やみの手紙は現金書留専用の封筒に入れて送ります。この時注意したいのが不祝儀用の熨斗袋の大きさ。あまり大きいものだと入らない場合があるので気をつけてください。どうしても大きな熨斗袋でお香典を送りたいという場合には、書留専用の封筒以外でも送ることができるようですが、郵便局の窓口での手続きが必要となります。
書留は喪主宛てに送ります。必ず喪主の自宅に送るようにしましょう。

お悔やみの手紙の文例集

お悔やみの手紙で気をつけるべきポイントは理解したけれど、具体的にどのような文章を書けばいいのかが難しいですよね。そこで、お悔やみの手紙の文例を考えてみました。良かったら参考にしてみてください。

亡くなってすぐに訃報を聞いたとき

このたび○○様の訃報にふれ、謹んでお悔やみ申し上げます。
残されたご家族のお気持ちをお察し申し上げます。
本来ならばすぐにでもご弔問にお伺いすべきところですが、やむをえない事情でかなわず誠に申し訳なく存じております。
今はさぞかしお力をお落としのことと存じますが、1日も早く元気を取り戻されることを願っております。
同封のものは心ばかりのものですが、○○様の好きだったお花でもお供えくださいますようお送りいたします。
○○様のご冥福を心よりお祈りいたします。

合掌

※しばらくしてから亡くなったことを知った時には故人との思い出やエピソードも書くと良いでしょう。

喪中はがきで亡くなったことを知ったとき

このたびはご丁寧なご挨拶をいただきまして恐れ入ります。お悔やみも申し上げないまま今日までにいたり、大変失礼いたしました。
(ご無沙汰いたしておりましたために、○○様のご不幸を少しも存じ上げず、すでに年賀状を差し出してしまいましたことをお許し下さい。)←年賀状をすでに出してしまった場合
遅ればせではございますが、お悔やみを申し上げますとともに、
○○様のご冥福をお祈り申し上げます。
お気を落とされていることかと存じますが、どうぞお体を大切に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます。

※お線香などお供えを一緒にまたは別便で送る場合にはその旨も書きましょう。

ビジネスシーンにおけるお悔やみの手紙

貴社代表取締役社長○○様のご永眠に際しまして、謹んで哀悼の意を表するとともに心からご冥福をお祈り申し上げます。
ご生前中はことのほかご高配にあずかり、弊社業績が向上しましたのも
○○社長様のお蔭と感謝しておりました。
ご恩返しもこれからという矢先、誠に残念でなりません。
皆様のご心中察するに余りありますが、どうかお力落としのなきようお祈り申し上げます。
別封は誠に軽少ではございますが、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。
まずは書中をもちましてお悔やみ申し上げます。

合掌

お悔やみの手紙を受け取ったら

お悔やみの手紙へのお礼状は葬儀が終わったらすぐに

お悔やみの手紙を受け取った場合、葬儀が終わったらすぐにお礼の手紙を書きましょう。また、葬儀が終わって以降に届いた手紙に対しては受け取ってすぐにお礼の手紙を書くようにします。お悔やみの手紙と同じく、時候の挨拶を書く必要はありません。

お悔やみ状と同様に時効の挨拶などの前文は不要です。主には下記の事柄を入れるようにします。
◾お悔やみの言葉・香典・供物に対するお礼
◾葬儀・四十九日法要を無事に済ませたことの報告
◾現在の心境・今後の決意

引用:サルでもわかる葬儀の新常識

これに少しアレンジを加えて整理したものが以下になります。

①お悔やみの言葉やお香典などへのお礼
②葬儀等を無事にすませたことの報告
③現在の心境や今後の決意
④故人が生前お世話になったことへのお礼や今後のお付き合いを願う言葉

⑤結びの文
を書いていきます。③や④は相手との関係や自分の心情にしたがって自由に書きましょう。
ちなみにお礼の手紙も葉書ではなく封書で出します。

文例をひとつ挙げてみたいと思います。

このたびは、亡母○○の永眠に際しましてお心のこもったお悔やみを賜り、心より御礼申し上げます。
おかげ様で、葬儀も滞りなく相営むことができました。
・・・③や④の内容を書く・・・
季節の変わり目で体調をくずしやすいときですが、どうぞご自愛くださいませ。

お香典が同封されていた場合にもお礼状はすぐに出す

お香典が同封されていた場合、お香典返しをすることが多いかと思います。そのような場合お礼のお手紙はいつ出したらいいのでしょうか。というのも、香典返しは忌明けの四十九日以降に送る場合が多いからです。しかし、お悔やみの手紙をもらっていたのに四十九日以降まで何もしないのは失礼にあたりますし、心配してくれた相手に対する気遣いに欠ける行為ともいえます。したがって、香典返しを四十九日以降に送る場合であっても、お悔やみの手紙だけはすぐに出すようにしましょう。