宛名を書くときの基本マナー

宛名を書くペンの選び方

手紙を受け取った人が最初に見るのは、封筒やはがきの宛名書きや裏書きです。せっかくなら、相手に気持ちよく手紙を受け取ってもらえるような宛名書きを目指したいですよね。そこで、宛名書きに適したペンについてまとめてみました。

大きな封筒には太いペンを、結婚式の招待状の封筒には筆や筆ペンを

普通の大きさの封筒や葉書の場合には、手紙の本文を書くのに使ったのと同じ万年筆やボールペンを使って宛名を書いて大丈夫です。

ただ、年賀状の宛名を書くときには少し注意が必要です。年賀状を書くとき、特に目上の方に書くときに一番良いのは筆ペンとされているからです。ただ、どうしても筆ペンが苦手という人もいますよね。その場合には、万年筆やボールペンでも大丈夫なようです。

今は宛名書きも印刷で済ませてしまう人が多いです。そのため、宛名が手書きされているだけで随分と温かみのある年賀状になると思います。「筆ペンが苦手だから」と印刷に頼らず、万年筆やボールペンでも良いので宛名を手書きしてみてはいかがでしょうか。

筆ペンが理想である事には変わりありませんが、どうしても上手に書けないという人も多いでしょう。そういう場合には、万年筆や水性ペンで代用する事をオススメします。

引用:キャリアパーク!ビジネスマナー

また、手紙と一緒に書類などを送る場合、大きな封筒に入れて送ることってありますよね。そのような場合、どのようなペンを使って宛名を書けば綺麗に書けるのでしょうか。私はサインペンを使って書いていましたが、超極太ボールペンというものがあるそうです。

封筒の宛名書きには、中字ボールペン(0.7mm)の倍以上のボール径の超極太ボールペン(1.6mm)をオススメします。サインペンよりも、しっかりとした存在感のある字で、書きやすいと思います。

引用:株式会社エスシー

サインペンより書きやすいようなので、1本持っていると便利かもしれませんね。

他に注意が必要なのは結婚式の招待状。結婚式の招待状は毛筆で書くのが正式です。しかし、墨や筆を使っての宛名書きって難しいですよね。にじんでしまったり、かすれてしまったり。しかし、毛筆にこだわらなくても大丈夫なようです。「毛筆が苦手、自信がない」という人は筆ペンで書きましょう。ただし、ボールペンやサインペン、万年筆などは避けた方が良いそうです。

招待状の顔である宛名は毛筆で書くのが正式ですが、筆ペンでも構いません。ただしボールペンはおすすめしません。

引用:ぐるなびWEDDING

宛名書きのバランス

宛名は中央に、住所よりも大きな字で書く

宛名も手紙の大事な一部です。宛名が丁寧に書かれている手紙の方が受け取った相手も気持ちが良いですよね。適当に書かず、一文字一文字心をこめて丁寧に書きましょう。

宛名書きのポイントは主に、名前を封筒や葉書の中央に大きめの字(住所よりも大きい文字で!)で書くこと、住所は2行以内でバランス良く書き、あまり端に書きすぎないことです。

ただ、そうはいっても、どうやって書けば綺麗なバランスになるのか、それがよくわからないんですよね。そこで綺麗に書くためのコツを調べてみました。

まずは名前を封筒や葉書の真ん中にきれいに書く方法についてです。よくやりがちなのが、住所を大きく書きすぎてしまい、名前が左によってしまうという失敗。そんな失敗を防ぐのが以下の引用にある方法です。

住所を大きく書き過ぎて、真ん中に来ない場合もありますよね。そんなときは、まず宛名(相手の名前)を真ん中に書いて、その後空いたスペースにバランス良く住所を書くと良いでしょう。

引用:Column Latte

しかもこの方法、書いた文字をうっかりこすってインクをにじませてしまうという失敗も防げるんです!右利きの人の場合、住所から書くと、名前を書くときにどうしても住所の部分に手が当たってしまいますよね。インクを乾かしてから書いたり紙を敷いて書いたりと工夫するものの、ちょっと面倒くさい。でもこの方法ならそんな必要はありません。

次に住所を書くときのポイントです。

住所ですが、郵便番号の一番右枠よりも内側に書くと良いでしょう。
郵便番号枠よりも外側に書いてしまうと、余白がなくなり、全体のバランスが悪くなってしまいます。

引用:Column Latte

下の図を見てください。上の引用にあるように、住所が郵便番号枠よりも内側に書かれていますよね。こうすることで適度な余白が生まれ、宛名書きが綺麗に見えます。
もうひとつのポイントは、長い住所の場合は2行で書くということ。無理して1行にまとめようとして字が小さくなってしまえば、あまり綺麗な宛名書きといえないですよね。逆に住所が長いからといって3行以上書いてしまうと、住所で場所を取りすぎるあまり名前が左に寄ってしまったり、住所と名前がぶつかってしまう恐れがあります。

□縦書き封筒

13
引用:ビジネスマナーと基礎知識

14
引用:ビジネスマナーと基礎知識

また、縦書き封筒の裏書きですが、上の図のように封筒の左側に住所と名前を寄せて書いても、真中の繋ぎ目を挟んで書いてもどちらでも良いようです。

□大きい封筒

大きい封筒についてですが、注意すべきポイントは小さな封筒の場合と同じです。名前は封筒の中央に住所より大きく書き、住所はあまり端に書きすぎないようにします。

15
引用:仕事探し

図は載せていませんが、葉書の場合も注意するポイントは同じです。

□連名の場合

複数の相手に対し手紙を送る場合には下の図のように宛名を書きます。ポイントは普段よりも少し右側に寄せて名前を書くこと。上の縦書き封筒の図と下の図を比べてみてください。郵便番号枠を基準にするとわかりやすいかと思います。また、それぞれの名前の下に「様」などの敬称を付けるのもポイントです。

16
引用:印刷の現場から

ビジネスにおける宛名の敬称の使い方

「御中」など敬称の使い分け

宛名を書くときに難しいのが、「御中」や「様」など敬称の使い分けですよね。そこでこれらの使い方についてまとめてみました。

「御中」は会社や学校など組織や団体に宛てる場合に使う

御中は会社や学校などの組織や団体に宛てて手紙を書く場合に使われます。会社名に加えて、部署名や課名を書く場合には、以下の順に書くようです。

宛先に部署名、課名を書く場合は、「社名→部・課名→御中」の順に書きます。

引用:手紙の書き方大事典

縦書き封筒の場合、以下の図のように書くと良いでしょう。

17
引用:ケイジェンド・プロダクツ

一方、組織や団体に所属する個人に宛てる場合には「御中」は使わず、様を使います。また、その場合、会社名に「御中」はつけません。以下の図を参考にしてみてください。ちなみに下の図では会社名と部署名が2行にわたって書かれていますが、1行で書いてしまっても大丈夫なようです。

18
引用:履歴書DO

では、これに肩書きをつける場合はどのように書けば良いのでしょうか。以下の引用によれば、①肩書き、②名前、③様と書くのが1番良い書き方のようです。

代表取締役・部長・課長・係長などの「肩書き・役職名」は氏名の前に置き、「肩書き→氏名→様」と書くことが最も正しい書き方です。下の名前が不明な場合は苗字だけでもかまいませんが、できるだけフルネームを書くことが望ましいです。

引用:手紙の書き方大事典

縦書き封筒の場合、以下の図のように書くと良いでしょう。

19
引用:ケイジェンド・プロダクツ

上の引用文や図にある通り、相手の名前はできるだけフルネームで書くべきです。しかし、そもそも担当者の名前がわからないことってありますよね。また、役職名がわからないという場合もあります。そういう時はどうすれば良いのでしょうか。

以下の引用を見てください。役職名と名前の両方がわからない場合には、「○○株式会社営業部ご担当者様」、役職のみ分かっているという場合には、「○○株式会社営業部課長」と書けば良いとされています。ちなみに、担当者のフルネームがわからないという場合には「○○会社営業部課長△△(苗字)様」と書きます。

役職名も名前も分からない場合・・・△△株式会社営業部ご担当者様
役職は分かっているが名前が分からない場合・・・△△株式会社営業部課長

引用:手紙の書き方

宛名書きの際に使われる言葉には他にも、複数の個人に宛てる場合に使われる「各位」や、手紙を受け取る人と、送り先の住所の世帯主が違う場合に使われる「様方」、手紙を受け取る人が送り先の住所地にある組織や世帯に属していない場合に使われる「気付」があります。具体的にどんな場面で使われるのか見てみましょう。

まずは「各位」。

大勢の人に対して書類を送付したり、メールを送信したりする場合。 一人一人に対して敬意を示すという使い方がされています。 そのため使い方としては、案内やお知らせ、通達などで活用されます。

引用:U-NOTE

次に「様方」。

具体的には、手紙や荷物などを送りたい相手が、個人宅に居候しているとか、同居しているときに使います。

引用:kantandays 日々の暮らしを簡単に

最後に「気付」。

たとえば、旅先に自分の荷物を送る場合、
○○ホテル フロント気付 ××行(××は自分の名前)
のように書きます。

引用:ビジネス図鑑

「様方」はビジネスシーンではあまり使われない言葉かもしれませんが、宛名書きによく使われる言葉の1つとして他の2つと併せて紹介しました。「御中」や「様」に加え、上の3つの言葉と使い方を何となく覚えておくと、ここぞという時に使えて便利かと思います。

返信用封筒・はがきの宛名書きに関するマナー

返信用封筒・はがきへの宛名の書き方

返信用封筒や返信用はがきの宛名には「行」をつける

返信用封筒や返信用はがきの宛名には、自分の名前や自社名(場合によっては部署名や課名、担当者名など)を書きますよね。その際には名前の下に「行」をつけるようにしましょう。

ちなみに「宛」をつけても良いという情報がインターネット上にありましたが、「宛」は使うべきではないという情報もあったため、ここでは「行」をつけることをおすすめすることにします。実際、「宛」と書かれた返信用封筒やはがきって私はあまり見たことがないような気がします。

「宛」は会話の中で「〜宛てに…」のような形では使いますが、郵便の宛名には使用しません。自分に送るときは「行」を使います。

引用:U-NOTE

「行」「宛」の修正方法

返信用封筒や返信用はがきの「行」「宛」は「様」「御中」に修正

今度は返信用封筒やはがきを受け取った場合の修正方法について書きたいと思います。返信用封筒やはがきに「行」「宛」と書いてある場合、そのままにして送り返すのは失礼にあたります。ちゃんと敬称に書き換えて、相手への尊敬の気持ちを表すことが必要なのです。ではどうやって修正すれば良いのでしょうか。

「行」「宛」は修正ペンなどでは消さず、二重線をひいて訂正する

修正するときは修正ペンで消したりしてはいけません。また黒く塗りつぶしたりするのもダメです。必ず2重線をひいて修正しましょう。

封筒の行の消し方として、修正テープや修正液などを用いた消し方はしてはいけません。「行」を塗りつぶす消し方だと、相手がミスをして「行」と書いたのでこちらで修正した、という意味に取られかねないそうです。

引用:キャリアパーク!ビジネスマナー

「行」や「宛」の修正方法についての図を引用したので、参考にしてみてください。

□縦書きの場合

20
引用:株式会社ICL

縦書きの場合には縦線2本で消すか、図のような斜め線2本で消します。敬称は「行」「宛」の左側か下側に書きます。ちなみに、どのような敬称を書くべきかについては宛名書きの敬称についての解説部分を参考に考えてみてください。

□横書きの場合

21
引用:結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

横書きの場合には横線2本で消します。また、敬称は「行」「宛」の右側に書くのがポイントです。

ちなみに、結婚式の出欠はがきを送るときには、以下の図のように、「寿」という字を使って「行」を修正してもかまいません。以下の図のような感じです。ただ以下の図によれば、相手の名前に寿の文字が入っている場合には2重線で消した方が良いようですね。

22
引用:結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』