スポンサードリンク

手紙の最初と最後を飾る言葉を選ぼう

手紙で良く使われる「拝啓」「敬具」って何?

「拝啓」は手紙の冒頭を飾る頭語、「敬具」は手紙の最後を飾る結語

よく手紙には「拝啓」や「前略」、「敬具」や「草々」という言葉が書かれていますが、これらは一体どのようなものでしょうか。
「拝啓」とか「前略」といった手紙の最初に書いてある挨拶の言葉を頭語(とうご)といいます。一方、「敬具」とか「草々」といった手紙の最後を締める挨拶の言葉を結語(けつご)といいます。

ちなみに、これらは時候の挨拶とは別のもので、頭語は時候の挨拶の前に、結語は結びの文の後に書くのが決まりです。また、頭語と結語はセットで使われることが多いのですが、仲良しの組み合わせが決まっています。そのため、手紙の中ではちゃんとその組み合わせで使ってあげなければなりません。

頭語・結語の種類と選び方

よく使われるのは「拝啓」「敬具」、「前略」は目上の人への手紙では使わない方が良い

手紙を書くときに1番使いやすい組み合わせは「拝啓」、「敬具」です。だいたいの手紙にはこの組み合わせが使えるので覚えておくと便利です。ちなみに「拝啓」とは、「謹んで申し上げます」という意味。「今から伝えたいことを伝えますよー。」といった意味でしょうか。一方の「敬具」も、拝啓とほぼ似たような意味を持つそうです。こちらは手紙の最後に置かれるので、「謹んで申し上げました」という意味になります。

他によく使われる頭語・結語の組み合わせが、丁寧な手紙を書きたい場合に使われる、「謹啓」と「謹言」。また、女性ならば「謹んで申し上げます」と「かしこ」の組み合わせも使えます。ひらがなが混じることによって柔らかい印象になりますね。

また、前文(時候の挨拶など)を省略する時に使われるのが「前略」と「草々」。女性ならば「前略ごめんください」「かしこ」という組み合わせが使えます。
他にも急用の手紙に使う「急啓」と「草々」、返事の手紙を書くときに使う「拝復」と「敬具」などがあります。

ひとつ注意したいのが「前略」の使い方。よく使われる表現ですが、「前略」が使われるのは時候の挨拶などを省くとき。つまり手紙を簡略化しているとき、なのです。簡略化した手紙を目上の方に送るのは失礼にあたることもあります。したがって、下の引用にもある通り、目上の方への手紙には使わない方が良いでしょう。

「前略」は、どのような場合でも使うことができ万能と思われますが、文字通り「前文を省略します」という意ですから、目上の人に使うのは失礼にあたることもあるため避けたほうが無難でしょう。

引用:All About 暮らし

季節感や相手への思いを言葉にのせて

時候の挨拶ってどんなもの?

季節感や自分の心情を表し、時には相手の健康を気遣う挨拶の言葉

手紙の書き始めの部分にはよく、季節を表す言葉の入った挨拶文が書かれていますよね。例えば、「紫陽花の花が梅雨空に彩りを添える季節となりました」というようなもの。このような挨拶文を時候の挨拶といいます。

時候の挨拶を書くことで、季節感や自分の心情を相手に伝えることができます。また、「いかがお過ごしでしょうか。」のような言葉を続けることで、相手の健康などへの気遣いをも表すことができる、優しい言葉にもなります。手紙を書くときにはぜひ、心をこめて素敵な挨拶の言葉を選びたいものですよね。

ところで、時候の挨拶と季語はどのような関係にあるのでしょうか。季語とは、以下のような意味です。

連歌・俳諧・俳句などで,句の季節を規定する言葉。

引用:辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書

この意味から考えると、「時候の挨拶=季語」ではない、ということがわかります。でも、例えば先程挙げた時候の挨拶に含まれる「紫陽花」や「梅雨」、これらは夏の季語にあたる言葉です。そう!時候の挨拶の中に季語が含まれていることって結構あるんです。こういったことから、時候の挨拶と季語は切り離すことのできない関係にあるといえるのでしょう。

季節の挨拶/時候の挨拶は、俳句で用いられる季語とは本来別の意味ですが、季節の挨拶として季語を引用するケースも多々あり、両者は切り離せない間柄となっています。

引用:便利・わかりやすい冠婚葬祭マナー&ビジネス知識

1~12月の月別、時候の挨拶

時候の挨拶にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつか例を挙げてみます。

□1月

1月の時候の挨拶としてまず挙げられるのは、初春、大寒、厳寒といった漢語の表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅いですよね。かっちりした手紙の場合は良いですが、もう少し柔らかい表現で書きたいときもありますよね。そんな場合に使えそうな例を探してみました。

寒気ことのほか厳しく
寒中には珍しく、うららかな日が続いております

参照:年賀状・暑中見舞いドットコム

□2月

2月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、立春、余寒、残雪といった漢語の表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかいものが良いという人へ使えそうな例を探してみました。

きびしい寒気の中で、梅のつぼみがほころび始めたようですが
寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが

参照:2月の書き出し例文:お礼状、案内状、手紙の書き方と例文

□3月

3月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、早春、浅春、春分といった表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかい表現も探してみました。

明るい日差しに春の気配を感じる頃
花の便りもあちらこちらから聞こえてきました

参照:Winged Wheel

□4月

4月の時候の挨拶として挙げられる漢語表現は、陽春、仲春、春暖など。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかいものも探してみました。

春風が心地よい季節となりましたが、
桜の季節も過ぎ、緑まぶしい季節となりましたが、

参照:履歴書DO

□5月

5月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、残春、青葉、新緑などの漢語表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかい表現についても探してみました。

風薫る季節となりました。
爽快な五月晴れが続きます。

参照:ブログで初めて知りました。

□6月

6月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、初夏、向暑、入梅などの表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い印象になりがちです。もう少しやわらかい表現のものも探してみました。

初夏の風が半袖に心地よい季節となりましたね。
紫陽花のつぼみが開き始めました。もうすぐ梅雨入りですね

参照:いざ!安心家族

□7月

7月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、盛夏、猛暑、灼熱などの漢語表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。ただ、少し堅い雰囲気の文章になってしまいますよね。そこでもう少し柔らかい表現のものも探してみました。

蝉の声もひときわ高く
紺碧の空に一片の雲もなく

参照:手紙 の書き方@ 礼状 例文

□8月

8月の時候の挨拶として挙げられるのが、晩夏、残暑、立秋などの表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも、少し堅いですよね。もう少しやわらかい表現のものも探してみました。

今年は残暑もことのほか厳しい日が続いております
朝夕には、吹く風に秋の気配を感じるころとなりました

参照:良いあいさつ状.com

□9月

9月の時候の挨拶としてまず挙げられるのは、初秋、爽涼、白露といった漢語の表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅いですよね。かっちりした手紙の場合は良いですが、もう少し柔らかい表現で書きたいときもありますよね。そんな場合に使えそうな例を探してみました。

虫の音にも深まる秋を感じる頃となりました。
コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました。

参照:手紙の書き方

□10月

10月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、爽秋、仲秋、秋雨といった漢語の表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかいものが良いという人へ使えそうな例を探してみました。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、
街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りをましていますが、

参照:時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び[2016版]

□11月

11月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、晩秋、向寒、初霜といった表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかい表現も探してみました。

落ち葉に秋の深まりを感じる昨今
木枯らしが吹き、冬の近いことを感じさせます

参照:So-netハガキ作成

□12月

12月の時候の挨拶としてまず挙げられるのが、師走、寒冷、厳寒などの漢語表現。「~の候」や「~の折」「~のみぎり」をつけて使います。でも少し堅い表現ですよね。もう少し柔らかい表現についても探してみました。

本格的な冬将軍の到来です
年の瀬も押し迫ってまいりました

参照:手紙の書き方大事典

いかがでしたでしょうか。手紙の書き方について書いた本やインターネットのサイトを見るとたくさんの例文が挙げられています。ぜひお気に入りの言葉を見つけてみてください。
ただ、例として挙げられているからといって、何も考えずに本やサイトの時候の挨拶を使うことは避けた方が良いでしょう。例えば、4月上旬の時候の挨拶として「桜が満開を迎えました」という文章が紹介されていたとします。しかしあなたの住む場所では桜の時期はもう少し遅い。このような場合に、今が4月上旬だからといってそのままこの挨拶文を使うのは、少しおかしいですよね。自分の住んでいる場所が今どのような気候なのか、どんな花が咲いているのか、どんな行事が行われているのかなど考えつつ時候の挨拶を選ぶことが大切です。

また、今回はインターネットサイトから時候の挨拶を紹介しましたが、オリジナルの時候の挨拶を作ってみるのもおすすめです。

上では季節ごとに時候の挨拶を紹介していきましたが、実は一年を通して使える時候の挨拶もあります。それが下の引用にある「時下」という言葉です。

ビジネス文書などでは、季節を問わず年中使える時候の挨拶として「時下」を用いる場合があります。時下とは、「このところ」「今現在」などの意味合いを持つものですので、春夏秋冬を問わず使うことができます。

引用:手紙の書き方大事典

使い方ですが、ビジネスの手紙の場合には下の引用のように使います。

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は過分なるお引き立てに与り、厚く御礼を申し上げます。

引用:送る相手別に使える例文集 例文.jp

また、プライベートな手紙でも使うことができるようです。

伯父上様におかれましては、時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

引用:送る相手別に使える例文集 例文.jp

「さようなら」を言う前に

手紙の最後には相手の健康や幸せ、繁栄や活躍を祈る結びの挨拶を

手紙の最後に結びの文を書くことも忘れないようにしましょう。よく見かけるのは「時節柄、どうぞご自愛くださいませ」「○○の折、くれぐれもご自愛ください」といった相手の健康を気遣う言葉。最後まで相手への思いやりや気遣いを持って手紙を書くことで手紙の印象が良くなり、気持ちが伝わりやすくなります。

とはいえ、それ以外にも今後の付き合いや指導をお願いする言葉で結ぶ場合、乱文や乱筆を詫びる言葉で結ぶ場合、返信を求める言葉で結ぶ場合など、結びの文には様々なバリエーションがあります。

プライベートシーンは相手の健康や幸せを、ビジネスシーンであれば繁栄や活躍などを祈る気持ちを書き、最後まで思いやりの気持ちを添えるものです。

引用:手紙の書き方

実際に手紙の最初と最後を書いてみましょう!

最後に手紙の書き始めと終わりの部分についていくつか文例を紹介したいと思います。

ビジネスシーンにおける手紙の文例

まずはビジネスでの手紙の文例を紹介したいと思います。季節関係なく使える「時下」を使い、手紙の書き始めと終わりの部分を書いてみました。

謹啓 
  時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  平素はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
  さて、・・・
  まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

謹言

プライベートで書く手紙の文例

次にプライベートにおける手紙の書き始めと終わりの部分を、時候の挨拶を使って書いてみました。

文例① 夏に手紙を書く場合
※時候の挨拶、結びの文を書く際に夏を意識してみました。

拝啓
  夕暮れに窓を開けると、風に乗って盆踊りの音が聞こえてきます。
  皆様(○○さん、○○様、○○先生などに変更可)におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
  さて、・・・
  まだまだ暑い日が続きそうですが、夏風邪など召されませぬようご自愛ください。

敬具

文例② 秋に手紙を書く場合
※時候の挨拶は秋を意識しましたが、結びの挨拶は年中使えるものを選んでみました。

拝啓
  金木犀の香りが甘くふわりと漂う季節になりました。
  皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
  さて、・・・
  時節柄、どうぞご自愛くださいませ。

敬具